· 

ファッションを構成する3つの要素(2)

こんにちは。

パーソナルスタイリスト/MOTE服コーディネーター

の三好宏樹です。

今回は前回書かせていただいたファッションを構成する3つの要素の2つ目「」です。

形によるイメージコントロール


洋服には様々な形が存在します。

この形の組み合せ次第でイメージは大きく変わります。

例えば、仕事場でジャケットを羽織っている人が2人いるとします。

1人はスーツのようなジャケットを着ています。

もう1人はプライベートで着るようなカジュアルなジャケットを着ているとします。

さて、どちらがスマートな印象を持つでしょうか?

もちろん前者です。

このように形はスマートな印象にしたり、ラフで優しい印象にしたりと相手に与えるイメージを変えることが出来ます。

 

形は基本的に4つのカテゴリーに分けることが出来ます。

  • 曲線的なもの
  • 直線的なもの
  • ボリュームがあるもの
  • ボリュームがないもの

これら4つの組み合わせからコーディネートは成り立ちます。

そしてこれらの組み合せから与えるイメージを図にしたものが下記です。

曲線的なアイテム

曲線的なアイテムとは、優しく、温かみを感じ、柔らかいイメージのものです。

 

共通して角張っておらず、丸みがあることが特徴です。

【ブラウス】

シフォン素材のブラウスです。

襟元も丸み帯びており、 袖もフワッとした印象になっています。典型的な曲線的アイテムです。

【スカート】

Aラインなフレアスカートです。

裾にかけてAラインに広がっており、緩や少し波打ったようなデザインです。

これにより緩やかなシルエットになり柔らかく、曲線をイメージさせるアイテムです。

【ワンピース】

襟元はブラウスと同じように丸み帯びており、裾はスカートのように柔らかく、波打ったシルエットになっています。まさに曲線的イメージです。柄のドットも曲線をイメージさせています。

【バッグ】

形、取手と完全に丸み帯びていて、曲線的です。

【シューズ】

シンプルなパンプスですがトゥー(つま先)が丸み帯びています。

【ピアス】

 2連のピアスですが、円形の物を重ねています。まさに曲線的アイテムです。

 

直線的なアイテム

直線的なアイテムとは、シャープでクールなイメージであり、キリッとした印象を与えます。

角張っていたり、真っ直ぐデザインが多いのが特徴です。

 

*ビジネススタイルなどに多く用いられるデザインです。

【ジャケット】

ジャケットと聞くとそれだけで、キリッとした印象を持つかと思います。

それはジャケットのデザインがそうさせています。

襟元やラペル(胸の折り返し部分)が角張っています。

【パンツ】

センタープレスのかかった細見のパンツです。

スーツなどでもよく見かけると思いますが、直線的なパンツです。

チェック柄も角張った直線的イメージを与えます。

【ブラウス】

襟元がVネックになっており角張った直線的アイテムです。

ストライプの柄もまさに直線をイメージさせます。

【スカート】

直線的なスカートです。

曲線的なスカートとは違い、タック(折れ線)がなく真っ直ぐ下にストンと落ちています。 

タイトスカートなども直線的なアイテムとなります。

【バッグ】

長方形をイメージさせる角張ったバッグです。

箱型のバッグは基本的に直線をイメージさせます。

【シューズ】

曲線的アイテムと比べトゥー(つま先)が尖っています。

こういったパンプスは直線的アイテムです。

またサンダルもベルト付きのものや、ヒールの細いものは直線的アイテムになります。

【ピアス】

耳から真っ直ぐに垂れるようなデザインのピアスです。

まさに直線的アイテムです。

その他にも角張ったダイヤが付いたデザインなども直線的イメージを与えます。 

ボリュームのあるアイテム

ボリュームがあるアイテムは見てすぐわかるものばかりです。

全体的に柔らかく、緩い印象を与えます。

 

普段着など楽な格好に多いです。

【ニット】

ニットにはゲージと言われる、分厚さを表す値がありますが、今回は説明は省きます。

写真のような厚めのニットなどはまさにボリューム感を感じさせます。

【スカート】

 ロングのフレアスカートです。

脚のラインを隠すほどボリュームをつけることが出来ます。

【コート】

シンブルなダッフルコートです。

フードがあるとよりボリューム感が増します。

アウターはどれもボリュームがあるように思いがちですが、チェスターコートやトレンチコートなどボリュームのないアウターもあります。

【パンツ】

ロングスカートのように見せるワイドパンツです。

隣のロングスカートと同様に脚のラインを隠すほどボリューム感を与えます。


【バッグ・シューズ】
バッグとシューズはご覧の通りです。

ボリュームのないアイテム

ボリュームのあるアイテムと比較するとすぐにわかると思います。

全体的に硬く、ハードなイメージを与えます。

 ロックバンドの人達の衣装など、ボリュームのないアイテムが多いです。

【ワンピース】

体のラインに沿った形のワンピースです。

さらにウエストも絞っているため、よりボリューム感がなくタイトに感じます。

【ジャケット・ブラウス】

主に綺麗に着ることの多いジャケットはボリューム感はありません。

さらにインナーのブラウスも体にフィットするようなデザインです。

【パンツ】

スキニーパンツはロングスカートやワイドパンツとは逆で、脚のラインがハッキリと分かり、ボリューム感は一切感じません。

【シューズ】

ブーツと違い、パンプスは足元にボリュームを与えません。

 

スッキリとしたイメージを与えます。

まとめ

今回はファッションを構成する要素の1つ「形」について書きました。

改めてご自身の手持ちの洋服がどんな形の洋服が多いのか、是非とも一度見てみてください。

自分の好みや買い物の癖が分かります。

もし、新しい服を買っても印象が変わらないと言う人は、同じものばっかり買ってしまっている可能性があります。

 そういった人は今後、新しいイメージを表現する際に、何が足りないのか?何を買い足せば良いのか参考にしてみてください。


*ご質問、お問い合せ等は下記からお願い致します。

Bellisimo Stile(ベリッシモ・スティーレ)

〒556-0014

大阪府大阪市浪速区大国3丁目2-27

メール:motefuku.stylist@gmail.com